意外と知らない喪中と正月の過ごし方

冠婚葬祭 喪中 正月

冠婚葬祭 喪中 正月について

意外と知らない喪中と正月の過ごし方

冠婚葬祭は私達の人生において、切り離すことのできない大切な行事です。
その一つに「喪中」があります。
家族などの近親者が亡くなった際に、遺族が故人の死を悼む期間のことで、一般的には七七忌(四十九日)までを忌中、一周忌(一年間)までを喪中とされています。
特に忌中の期間は故人の冥福を祈り、派手な行動は慎みます。
一年間の喪中期間に必ずやって来るのが「正月」の行事です。
ですが、この期間の正月のお祝い事は控えるのが普通です。
例えば玄関の門松や鏡餅などの正月飾り、おせち料理やお雑煮などを食べるのも差し控えます。
また初詣など神社への参拝も本来なら控えるべきですが、鳥居を通らなければよいそうです。
神様は穢れをとても嫌います。
できるなら喪が明けてから参拝しましょう。
新年の挨拶を行う年賀状も当然出すことができません。
しかし相手から年賀状を貰わないとも限りませんので、あらかじめ年賀の欠礼のはがきを出すことが通例となっています。