喪中の期間に気をつけること

冠婚葬祭 喪中

冠婚葬祭 喪中について

喪中の期間に気をつけること

冠婚葬祭は、結婚式や葬式など様々な儀式を指します。
このような場では、大人としてのマナーが求められます。
葬式に関連して、もし親近者に不幸があれば、喪中期間となり、その間は様々なルールがあることをご存知ですか。
有名なのは、年賀状です。
年賀状の代わりに喪中はがきを出します。
もちろん喪中の方に年賀状を送るのは控えます。
おめでたいことを控えなければならないので、新年の挨拶も「おめでとうございます」ではなく、「おはようございます」「こんにちは」など、通常の挨拶で大丈夫です。
初詣などもなるべく控えましょう。
期間は一般的に一年間とされています。
この間の結婚式は、主催する側も状態される側も控えたほうが良いとされていますが、日程の変更が難しい場合や、欠席することで人間関係に支障が出る場合は、当事者同士で話し合って決めることをおすすめします。
一方で、お中元やお歳暮は日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを伝える目的なので、贈っても構いません。
ぜひ、参考にしてください。