冠婚葬祭の中で喪中正月の生活は、少しだけ違和感があります

冠婚葬祭 喪中 正月

冠婚葬祭 喪中 正月について

冠婚葬祭の中で喪中正月の生活は、少しだけ違和感があります

冠婚葬祭の中でも喪中正月の過ごし方は、挨拶の仕方も通常の言葉を基本にしておめでとうだけは控えるようにすることが必要になっています。
喪中はがきを出していない方から年賀状が届いた場合は、1月7日から2月4日までの間で寒中見舞いとして出すのが基本ですが明るさを忘れないように注意しながら一言添えると良いです。
一般的な家の中ですることには問題がないですが、外に門松などを飾ることだけは避けたほうが良いと思います。
おせち料理も祝いごとに使われますので控えめにして中華のオ-ドブルにしたほうが安心して食べることが出来ますが、49日を過ぎた頃から少しずつおせちに近い料理を食べることが出来ます。
お孫さんの為にお年玉を渡す分には問題ないですがポチ袋だけは水引がない物にする必要があります。
初詣などに出かける時は、お寺や神社の決まり事を確認して行く必要がありその中で楽しい出来事を中心に楽しむことが出来ますが悲しみを笑顔にすることです。