喪中の凄し方のルールを知る

冠婚葬祭 喪中

冠婚葬祭 喪中について

喪中の凄し方のルールを知る

冠婚葬祭で喪中の正しい過ごし方を確認しておく必要があります。
失礼のないしきたりとルールを知っておきましょう。
故人をしのんで1年間はお祝い事はお祝い事を避けるようにしなければなりません。
しかし喪中の期間がいつまでかは地域の宗教や個人の考えによっても違ってきますので合わせるようにしなければなりません。
一般的には1年間とされますので、年賀状や初詣や新年の挨拶は慎みます。
また結婚式などのお祝い事なども慎むようにしなければなりません。
宗教上で忌明けは、仏式であれば四十九日、神式であれば五十日祭とされています。
故人の遺品の整理は忌明けをめどにおこなうようにすると良いでしょう。
遺品は近親者や親しかった人などにもらってもらうのも良いとされています。
法事に参列する際にもルールを守るようにしなければなりません。
一周忌までは原則として喪服で参列するようにしなければなりません。
ただし年月がたつにしたがい、黒からグレーなど色合いを薄くしていきます。

招待状印刷

ウエディングドレス 大阪

婚活 バスツアー

フォトウエディング

結婚写真

冠婚葬祭 喪中関連情報

喪中の期間に気をつけること

冠婚葬祭は、結婚式や葬式など様々な儀式を指します。
このような場では、大人としてのマナーが求め

意外と知らない喪中と正月の過ごし方

冠婚葬祭は私達の人生において、切り離すことのできない大切な行事です。
その一つに「喪中」があり

冠婚葬祭の中で喪中正月の生活は、少しだけ違和感があります

冠婚葬祭の中でも喪中正月の過ごし方は、挨拶の仕方も通常の言葉を基本にしておめでとうだけは控えるように

最新の冠婚葬祭 喪中