喪中期間のお正月冠婚葬祭マナー

冠婚葬祭 喪中 正月

冠婚葬祭 喪中 正月について

喪中期間のお正月冠婚葬祭マナー

喪中とは、家人が亡くなったので、残された家族が喪に服している期間のことを言います。
この期間は、諸々のお祝い事などの開催や参加を控えるのが一般的とされています。
自粛するものの中で、新年を祝うお正月があります。
喪中期間は、冠婚葬祭マナーでやってはいけないことがいくつかあります。
お正月には欠かせない、おせち料理はお祝い料理なので、この期間は避けたほうが良いです。
ちなみにお雑煮は、お祝い料理に含まれないので、普段の料理として食べる分には問題がないようです。
新年を飾る、しめ縄や門松などの飾りは晴れがましいことなので、一般的には慎むこととされています。
新年のおめでたい挨拶、「おめでとうございます」もこちらからは言ってはいけません。
相手に言われたら、「おはようございます」や「こんにちは」などの、通常使う挨拶を返しましょう。
お正月の楽しみの初詣も控えましょう。
神社は「死は穢れ」と考えられているからです。
喪中期間のマナーを知らないと、親せきなどとトラブルになったりします。
トラブル回避のためにも、きちんとした知識を入れておきましょう。